<   2004年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


始動!

今日で、教員採用試験まであと10日となった。

この状態で採用試験受けてもいいのだろうかといった状態にある。
今日から、本格的にやらないといけないな。
今日から、本気になっても遅すぎるというのも当てはまらないくらい遅すぎるが、
頑張ってみます。

就職活動してないから、事実上かなり追い込まれた状況にあります。

まあ、頑張るしかないかな。
[PR]
by s0iken0 | 2004-06-30 16:26 | my NEWS

杉山さんお疲れ様です。

最近、ウィニング・イレブンの総当りリーグにはまってしまい、さっき家に帰ってきたばかりです。
トーナメントにはない面白さがあることに気づいた。時間はかなりかかるけど。

それと、同時にウィンブルドンを見て、杉山を応援していた。
ファーストセットをなんとか取ったが、セカンド、ファイナルと取られ、逆転負けをしてしまった。
シャラポワのプレーには、まだ若さを感じるミスもけっこうあったが、最初から最後まで、攻めきっていたことに驚いた。これから、世界のトップまでいける素質があるかもしれない。コートを広く使い、頭脳的なプレーもあった。
杉山も決して悪くなかったが、やや勝ちを意識してしまって、プレーが消極的になった部分があったかもしれない。
それでも、ベスト8は、立派な成績だと思う。

今夜は、男子の準々決勝があり、俺の応援するヘンマンも勝ち残ってるから、優勝に期待し、楽しく見ます。
[PR]
by s0iken0 | 2004-06-30 05:30 | テニス

映画^^

そういえば、おとといから「ハリーポッターとアズカバンの囚人」が始まったんだよな~。見にいきたいなー。
ほかにも、「Day after tomorrow」、日本の映画はあまり見たいと思わないんだけど、「世界の中心で愛を叫ぶ」や「海猿」見たいなー。

17日に「ブラザー・フッド」を試写会で見てきました。
韓国の映画は、いままでほとんど見たこと無くて、わからなかったけど、この映画はすごかった。個人的に戦争映画は、あまり好きではないので、おすすめって訳じゃないですが、戦争映画が好きって人には是非という感じです。まあ、好きでない人も何かしら考えさせられることはあると思います。

戦争映画で有名な「プライべート・ライアン」という映画があり、生々しかった記憶がありますが、この映画は、もっと生々しく、戦争の残酷さが伝わってきました。

自分に戦争の経験は、ありませんが、戦争について考えさせられました。ちょっとした意見の違いで、なぜこんなにも多くの人が命を落とさなければいけないのか?そこまでして、何が得られるのか?国のために戦って、死ぬのなら本望と言っているが、本当にそうなのか?わがままな上の人間に振り回されて、迷惑ではないのか?
人それぞれ価値観は違う。だから、意見や考え方が違って当然だ。それを他人に押し付けるのは、スマートではないと思う。人は人、自分は自分というように考えれば、戦争なんて起こらないのに、と思うんだけど、組織の中では、なかなかそういう訳にもいかないのか。でも、何も殺しあわなくてもいいと思う。
上の人たちの中に、この残酷な殺し合いに疑問をもった人はいないのか?
まあ、いたとしてもそういうことを口にした時点で殺されてしまうのかな。

そういったことをいろいろと考えた。

今、日本では、韓国ブームだが、この作品を見て、それも納得できるかなと思った。
やっぱりいい作品だから。

★★★★★★☆☆☆☆(10点中6点)
[PR]
by s0iken0 | 2004-06-29 00:52 | 映画

チェコ快勝!!

a0031096_132147.jpgEURO2004 準々決勝 チェコvsデンマーク
 
チェコが3-0でデンマークを退け、準決勝に駒を進めた。
チェコは、今大会唯一負け無しでここまで勝ち上がってきた。

予選は、7勝1分け。本戦は、ここまで4戦全勝。
抜群の安定感である。このまま優勝してしまうのではないかという勢いだ。
こんなに強いのに、先日の親善試合で、日本に負けているのが、信じられない。
しかも、ベストメンバーで。

EURO2004も、残すところあと3試合だ。
深夜で見るの大変だけど、がんばって起きて見るつもりです。
[PR]
by s0iken0 | 2004-06-28 13:23 | スポーツ

オランダvsスウェーデン

a0031096_02520.jpg自分自身、今大会、1番期待し、応援しているチームがオランダである。

オランダは今大会、予選から、今まで、決して楽に勝ってきた訳ではない。
予選の1位をチェコに譲り、プレーオフで本戦出場を決めた。
本戦のグループリーグでもチェコに敗れ、苦しい展開だったが、なんとか決勝トーナメント進出を決めた。
そして、今日、スウェーデンとの激闘の末のPK戦で勝利し、ベスト4進出を決めた。

やはりサッカーの醍醐味は、ゴールだと思うが、この試合、そのゴールはひとつもなかったが、十分に楽しめる内容だった。
むしろ、ゴールがなく、PK戦までもつれ込んだことが面白かった気さえする。

この試合、両チームのゴールには、見えないバリアみたいなものがあるように見えた。それほど、ゴールが遠かった。決定的なチャンスがすべてポストに嫌われる。
それは、延長まで続き、やられた!と思ったシーンでもポストがゴールを阻んだ。

PK戦は1回1回に息を呑んだ。オランダは、今まで大きな大会でPK戦までもつれた試合は、ことごとく負けてしまい、ひとつのジンクスになってしまっていた。
しかし、ついにそのジンクスを破り、準決勝に駒を進めた。
次の相手は、開催国のポルトガルであるが、この勢いを持続し、勝ってほしい。

今大会、なんでクライファート出さないんだ?と思ったが、すいません。ロッベンはすばらしかったです。
[PR]
by s0iken0 | 2004-06-28 00:26 | スポーツ

前回大会の覇者フランス敗れる。

a0031096_61858.jpg前回大会の覇者であり、今大会、連覇を狙うフランスが決勝トーナメント1回戦で敗れるという波乱があった。

やはり、どんなにチームを完成させたとしても、連覇というのは難しいのだと感じた。
数々のチャンスをものにできず、1点が遠かった。

どんなに攻めていようが、点が入らなければ、勝つことができない。
逆に、どんなに攻められていようが、耐え抜き、ワンチャンスで決めれば、勝てるのである。この試合でフランスは11本のシュートを放ったが、ゴールネットを揺らすことはできなかった。一方、ギリシャは、5本しかシュートできなかったが、その中の1本のドンピシャのヘディングによって、ゴールに突き刺し、それが決勝点となった。支配率の面でも、フランス55%、ギリシャ45%でフランスの方が支配していた。これだけ見れば、フランスが勝ったと考える人の方が多いだろうが、そんなことは関係無く、結局、ゴールを多く決めたチームの勝ちなのである。

勝負に絶対はないのである。何が起こるかわからないし、何が起こってもおかしくないのである。だからこそ、諦めてはいけないし、諦めなければ、どんな相手にだって勝てる可能性はあるのである。そういう真剣勝負の中に、勝負の厳しさや面白さがあるのだと思う。

やっぱりスポーツは、すばらしいなと思いました。
[PR]
by s0iken0 | 2004-06-27 06:20 | スポーツ

EURO2004

a0031096_53556.jpg レアル・マドリードではチームメイトだが、今回はそれぞれのチームのキャプテンとして、敵同士だった、ルイス・フィーゴとデイビッド・ベッカムの明暗が分かれた。

現在、ポルトガルではEURO2004の真っ最中である。
昨日から決勝トーナメントに入り、PK戦までもつれ込む激戦の末、開催国であるポルトガルがイングランドを破り、全大会と同様のベスト4進出を決めた。
ポルトガルは、初戦のギリシャ戦にまさかの敗退を喫し、グループリーグ突破も危ぶまれたが、ここまで勝ち上がってきた。

今大会、イングランドのキャプテンである、デイビッド・ベッカムは、PKを2度外してしまった。1回目は、フランス戦の後半、2回目は、ポルトガル戦のPK戦の1人目。
ベッカムにとって、苦い経験になってしまったことだろう。
ベッカムのPKは、なぜか印象に残る。特にW杯のアルゼンチン戦のPKは忘れられない。今回のポルトガル戦のPKもやや芝に足を滑らせ、豪快に外していてインパクトがあった。
まあ、本職のサッカー以外でも何かと話題の尽きないベッカムだが、やはりサッカーをしている時の彼は、1番輝いていると思う。彼のキック精度は、世界一ではないかと思う。それくらい正確である。別にベッカムが好きで言っている訳ではなく、本当に関心してしまう程の精度なのである。

今大会、非常に悔しい思いをしただろうが、これをバネにより一層練習に励み、2006年のドイツW杯での躍進に期待している。イングランドには、ウェイン・ルーニーというすばらしい若手も育っているので、こちらにも期待したい。2年後が楽しみである。


これから、今大会の大本命で、2連覇を狙うフランスとグループリーグでポルトガルを倒した伏兵ギリシャの準々決勝がある。
ギリシャがどこまでフランスに追いすがれるかに注目して見たいと思う。
[PR]
by s0iken0 | 2004-06-26 03:18 | スポーツ

祝 開設!!

a0031096_164915.jpg
とりあえず開設しました。

スポーツについて考えていこうかとは、思いますが、実際は、日々思ったことを
書いていくことになるでしょう。

スポーツについてと言っても、俺の専門は、テニスだから、テニスについては結構
書けるかな。あと、サッカーも好きで、知識はまあまああると思うから、この2つが
中心になってくるかな。でも、スポーツ全般で大好きなので、思いついたら、書きます。

でも、スポーツはすばらしくて、すべてに共通するものが結構ある。
そして、スポーツでの考え方は、いろいろな場面で役に立つことでしょう。
そして、タイトルにもあるように、IMPOSSIBLE IS NOTHINGなのです。
スポーツは人を豊かにします。
自分で作り上げる、不可能という壁を壊して、光を浴びましょう!

そういうことは、また後々書いていくことにします。



現在の俺は、教員採用試験に向けて、頑張るところであり、これから、ちょっと忙しく
なってくるかなー。とりあえず、部屋の掃除をしなきゃいけないかな。


教育実習を終え、人間的に大きくなれたような気がする、今日このごろ。

お立ち寄りの際は、是非コメントお願いします。
[PR]
by s0iken0 | 2004-06-25 16:27


映画、スポーツなどの自分の趣味や日常について、自由に語っていきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク


23歳
フリーター(いろんなバイトしてます)
趣味:サッカー、映画鑑賞、絵画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ観戦、お笑い

最近、フットサルはじめました。





ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
american wed..
from american wedding
cheats
from cheats
mainpage
from mainpage
baldness sol..
from baldness solut..
gay gangbang
from gay gangbang
adult cyber ..
from adult cyber se..
housewives
from housewives
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
irs who has ..
from irs who has to..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧