<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


「ドッペルゲンガー」

題名に惹かれてレンタル。

監督は、「アカルイミライ」「回路」の黒沢清。
出演は、役所広司、永作博美、ユースケ・サンタマリア、柄本明、ダンカン etc.

ドッペルゲンガーとは、ドイツ語で、日本語に訳すと‘分身’という意味である。
それを見たものは近い将来必ず死ぬと言う。

この映画、なんと言っても最大の見所は、役所広司の1人2役。
一人の研究者とその分身。同じ人物を非常にうまく演じ分けている。
それぞれの特徴が非常に明確に分けられ、演じられている。
撮影は、実際は一人なのにそこにいるかのような演技。脱帽だ。
ユースケ・サンタマリアの演技もなにか人を惹きつけるようなものを感じる。
見ていて面白かった。

映画の内容も悪くない。
最後の方になるにつれ、本物と分身の差が縮まっていくように感じた。
やはり「自分の中にいる俺の存在を自分自身が認める」と分身が言うように、
それぞれが別に存在しても結局は自分なのであり、自分が自分自身のことを
わかっているつもりでも、実際は、それ以外の面も多々あり、
そういった自分の悪い面を自分自身が認めず、知らず知らずのうちに
都合の悪い自分を押し殺している。
そういった面もあるんだよ、ということを‘ドッペルゲンガー’は教えようとして、
自分の前に現れ、さらには、その面も含めて、自分を認め、許し、愛することの大切さを
教えてくれたんだろうなと俺は勝手に解釈した。

それを考えるとかなり哲学的だなーと思った。

これを見た他の人は、どう解釈するんだろうな。
見た人いたら、教えてください。

★★★★★★★☆☆☆(10点中7点)
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-30 00:51 | 映画

「SAW」

この映画は、日本では公開されていないが、ずっと観たかった。

理由は簡単、題名が「SAW(ソウ)」だから

監督は、今回が初監督作品のジェームズ・ワン。
脚本・主演は、「マトリックス・リローデッド」のアクセル役のリー・ワネル。

最初に観た感想は、「完全にやられた!」

話の展開の斬新さ、衝撃のラスト、とても初監督作品とは思えなかった。

この話は、暗闇の密室から始まる。
そこには、足を鎖につながれた男が2人。中央には、死体。
2人の男のポケットには、テープ。片方の男には、さらに鍵と銃弾が1発。
死体の手には、テープレコーダーと銃。
これらのアイテムの意味は?2人の男の共通点?死体の意味は?
犯人は一体誰なのか?

場面の切り替え、回想などが良いテンポで進んでいき、飽きさせなかった。
1回目観たときは、完全にやられてしまった。
2回目は、ひとつひとつの言葉や行動を冷静に見て、なんとか理解できた。

低予算の映画ながら、緊迫感、絶望感、人間の苦悩と葛藤をうまく出していて、
序盤から一気に引き込まれた。

「SAW2」も是非観てみたい。
劇場公開してほしいな。

★★★★★★★★★☆(10点中9点)
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-27 15:55 | 映画

Action Soccer

昨日、今日とアクションサッカーの試合。

まず、アクションサッカーと言われてもピンと来ない人が多いと思う。
少し前にも書いたと思うけど、簡単に言えば、4人制のフットサル。
コートも狭いので、攻守の切り替えがかなり激しい。
体力の消耗が実に速い。
今回も10月からのリーグ開幕に向けた、プレシーズンマッチみたいなもの。

結果は、昨日が1勝1敗。
     今日は1分け2敗 リーグ4位(5チーム中)

満足のいく結果では、もちろんない。
フィールドプレイヤーが3人なので、一人一人の役割がかなり大きくなる。
俺自身まだまだチームに貢献できるレベルではないと痛感。
今まで、友達や部活の皆でやってきたものとは、まるで違う。
見方も相手の選手達も、皆経験者ばかりなので、ひとつひとつの技術から、差を感じてしまう。
ボールへのプレスの速さ、マークの振り切り方、スペースへのパスとその動き、シュート。
全てが俺より上だと認めざるを得ない。
運動量だけは、負けないつもりで頑張るが、やはりそれも動き方を知っていないと無意味に
体力を消耗してしまうだけになってしまう。

ただ毎回いろいろなことを経験して、考えてどんどん吸収していける。
これだけやられて黙っていられない。
負けず嫌いだから。
経験者とかそんなの関係ない。
皆平等にフィールドの上で闘っている。

これからが勝負。
このままでは終わらない。
必ず借りは返す。

こういう気持ちになるのも、何よりこういった真剣勝負の緊張感がたまらない。
強さ、うまさを直に感じることができる。
もうテンションが上がってしょうがない。
テニスとはまた違う。

今に見てろ。


コナミスポーツクラブのアクションサッカーのHPはこちら
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-24 00:06 | サッカー

「シークレット ウィンドウ」

これも劇場公開の時から、観たかった映画。
いつも貸し出し中で、ようやく借りられた。

原作は、スティーブン・キング。
監督・脚本は、「宇宙戦争」「スパイダーマン」「パニックルーム」「ミッション・インポッシブル」
など、数々のヒット作生んだ。名脚本家デヴィッド・コープ。
主演は、ジョニー・デップ。
うーん、豪華だ。

これは俺の好きなミステリー。
結論から、言えば、完全にやられた。
予想外だった。
観終わった時でも、完全にわかっておらず、少しスッキリしなかった。
いくつかの場面を見直し、その伏線がわかった。

この映画、ミステリーだが、あまり無駄が無く、スムーズに進んでいった気がする。
だから、結論がいきなりという感じで驚いた。
ただ俺が鈍くて、その伏線に気付かなかっただけなのかもしれないが。
もう少し引っ張っても良かったように感じた。

ただ、やはりジョニー・デップがすごい。
また違う顔を見れた。
「チャーリーとチョコレート工場」を観た後だから、そのギャップがなおさらだった。

俺には予想外の結末で、完全にやられたってことで

★★★★★★★★☆☆(10点中8点)
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-23 02:56 | 映画

HAPPY BIRTHDAY!

今日は、俺の23歳の誕生日。

お祝いのメールが何通か届いた。
自分の誕生日を覚えていてもらえていることは、素直にうれしい。

ただ誕生日といっても普通の1日。
今日が、誕生日だということをたびたび忘れた。

誕生日にケーキを食べるといった習慣もないし。
今日じゃなくてもいいから、お祝いをしてもらいたい。

今日の夕飯は、食パン2枚。        ・・・悲しい
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-21 23:38 | my NEWS

「TAXI NY」

MOVIXさいたまから、帰宅後さらにもう1本。
1日3本映画を観るのは、いつ以来だろうか。うーん、初めてかもしれない。

この映画は、リュック・ベッソン脚本・製作で大ヒットした「TAXi」シリーズの4作目。
舞台をフランスから、ニューヨークに移した。
脚本・製作もリュック・ベッソンではない。
監督もまたまた変わって、ティム・ストーリー。現在、公開中の「ファンタスティック4」の監督。
キャストももちろん変わって、全てが新しくなった感じ。

でも、タクシーのチェイスのシーンは、前作までに引けを取らない迫力。
カメラワーク、カット割りがテンポ良く、スピード感を引き立てていた。

ストーリー、取り立てて驚きはないが、要所に笑いあり、感動あり
という感じで気持ちよく観れた。
敵役には、今作が映画本格デビューのスーパーモデル、ジゼル・ブンチェン
スタイルが抜群だった。

観終わった後のスッキリ感が良かった。

★★★★★★★★☆☆(10点中8点)
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-21 13:16 | 映画

「スターウォーズ・エピソードⅢ シスの復讐」

MOVIXさいたま1周年記念。
この日の俺のメインは、この映画。

これで全6作の渡るスターウォーズシリーズが揃った訳で、
これでスターウォーズが終わってしまうというのが、なんとも寂しい。

やっぱりこの映画はすごい。
まず、そのキャラクターの個性。
こんなにも様々なキャラクターを考え出した監督のジョージ・ルーカスは偉大だ。

さて今回のエピソードⅢ、見所は、やはり、あの小さくて可愛かったアナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーへと変貌するところだろう。
そこに至るまでの、ジェダイの自分に対する扱いへの疑問、妻パドメの体への気遣い、
より強くなりたいという願望などあらゆる不安や葛藤がアナキンの心を揺さぶる。
その心情の変化や決意をヘイデン・クリステンセンはうまく演じていた。
特に目つきの変わり方は圧巻だった。

他には、何度かある戦闘シーン。見ていて飽きなかった。
最後のオビ=ワンとの決闘は、スターウォーズシリーズで、数ある決闘の中でも
随一の名シーンだろう。

後半は、場面がころころ切り替わり、一気に詰め込んだような感じがややした。
もう少し細かい描写を入れて、長めに作っても良かったような気がする。
でも、全体的にはまとめあげていたと思うので、ありかな。

これを観て、また4・5・6を観たくなった。

結局、これでスターウォーズ全6作を映画館で観ることができた。
4・5・6は、リメイクされたものだが。

DVDBOX出たら、買うか迷うなー。
高いだろうけど、欲しいな。

★★★★★★★★★☆(10点中9点)
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-21 02:31 | 映画

「チャーリーとチョコレート工場」

先週の金曜日は、MOVIXさいたまのオープン1周年記念で、全作品¥1,000!

てことで、ちょっと遠いけど、頑張って行ってきた。
1本目は、公開したばかりの
「チャーリーとチョコレート工場」

時間的にこれくらいしかなかったから、観たという感じ。

この映画は、40年以上も世界でベストセラーになり続けている「チャーリーとチョコレート工場」を映像化したファンタジック・ムービー。鬼才ティム・バートン監督とジョニー・デップがタッグを組み独特の世界観を作り出した。共演に『ネバーランド』のピーター役で天才子役として世界中から注目を集めたフレディー・ハイモア。原作には描かれていない工場長ウィリー・ウォンカの子供時代も明らかにされる。工場の従業員である小人のおっさんウンパ・ルンパのダンスといろいろなジャンル音楽で奏でられるコーラスは見逃せない。

とは言っても、俺は、原作は読むことは愚か、知ってすらいない。

何の知識もないまま見て、上映中も得意のうとうと。
話が飛んで、よくわからなかった。

ただ、ジョニー・デップという俳優。
すごいの一言だ。
作品ごとに顔が違う気がする。
違う人が演じている気さえする。

あとは、映像がファンタジックでとてもきれいだったことが印象的だったなー。
CGの世界みたいだった。もちろんCGも使っているが。
小人のおっさんもなかなか面白かったな。
音楽もユニークだった。

でも、もう1回観る気には、あまりならないなー。
DVD出たら、うーん、借りないかなー。

★★★★☆☆☆☆☆☆(10点中4点)
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-20 00:08 | 映画

「コンスタンティン」

これは、レンタル開始したばかりのキアヌ・リーブス主演の話題作。

劇場での予告編を見て、観ようか迷っているうちに終了してしまった。
終わって間も無いが、早くもレンタル開始で、1本だけ残っていたので借りることに。

かつて2分間だけ自殺に成功したことで、天国行きを閉ざされたジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)。天国に行くために自らの特殊な能力を生かして、悪魔払いのエクソシストとなるが……。

監督は、フランシス・ローレンス
出演は、キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ、ジャイモン・フンスーなど

全体を通して、キアヌ・リーブスが目立った映画だった。
悪魔がなんとなく微妙な感じがした。
ただ、映像、音響は迫力があって良かった。

もうちょっとストーリーに期待感がほしかった。

★★★★★☆☆☆☆☆(10点中5点)
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-19 22:09 | 映画

「ニュースの天才」

この映画は、劇場公開の時から、ずっと見たかった映画。

レンタルになってからも借りに行った時は、いつも貸し出し中。
やっとのことで、借りて観ることができた。

この映画は、アメリカで実際に起きた、権威ある“THE NEW REPUBLIC”誌の記者によるねつ造事件を本作が長編デビューとなるビリー・レイ監督が映画化。一人の記者の成功と転落をリアルに描く。

主演は、「スターウォーズ・エピソードⅡ/クローンの攻撃」「スターウォーズ・エピソードⅢ/シスの復讐」でアナキン・スカイウォーカー役に大抜擢のヘイデン・クリステンセン。

映画のストーリーについて、ニュースの描写などに物足りなさを感じたが、
ヘイデン・クリステンセンの演技には満足。
表情や話し方がとても良かった。

好きな俳優が一人増えた。
これから注目だ。

★★★★★☆☆☆☆☆(10点中5点)
[PR]
by s0iken0 | 2005-09-19 21:48 | 映画


映画、スポーツなどの自分の趣味や日常について、自由に語っていきます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク


23歳
フリーター(いろんなバイトしてます)
趣味:サッカー、映画鑑賞、絵画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ観戦、お笑い

最近、フットサルはじめました。





ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
american wed..
from american wedding
cheats
from cheats
mainpage
from mainpage
baldness sol..
from baldness solut..
gay gangbang
from gay gangbang
adult cyber ..
from adult cyber se..
housewives
from housewives
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
irs who has ..
from irs who has to..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧